ウェブ制作の基本的な考え方とは!メモリのことを考える

人が見ることを意識する

ウェブ制作の基本的な考え方としては、まずは軽くすることです。つまりは、メモリの負担を軽くすることを何よりも重要視するべきです。今はパソコンの処理速度も高くなっていますし、インターネット回線もとても太くなっています。そうした意味ではホームページは作りやすくなっているといえますが、なんといっても技術は今でも必要です。簡単に作れるツールもありますが、それらを使うことができるようになるスキルは少なからず必要です。

費用はウェブ制作に必要

最近のホームページ制作と言うのはそこまでお金がかからないようになっています。但し、これはプロに依頼するとなりますとさすがに費用はかかることになります。それでも今は自力でそれなりに見栄えがよく作れることもあります。商売としてやっている人もいますが、別にウェブ制作とはあくまで個人的な趣味でやることもあります。それはそれでよいことですし、好きなようにしてもよいです。しかし、見る人のことを考えるべきです。そこが基本です。

目的意識をはっきりとさせること

ウェブ制作はどんなことを目的にして作るのか、というのを決めるとやりやすくなります。いくつもテーマを作ることもありますが、メインは決めておくべきです。ですから、ウェブ制作とは、目的意識があってこそであり、そうすれば上手くできます。ツールも技術も大事ですが、方向性がしっかりとしているのが、何よりも重要な要素になります。ウェブにおいて肝心なのは見てくれる人が何を求めているのかを理解して、それに合わせてサイト作りをしていくことです。

コーディングはホームページをつくるときに使う進行表みたいなのものです。製作者はこれに従ってプログラムしています。