ホームページを工夫して、魅力的なものにする

分かりやすくシンプルに

ホームページは、アクセスすると誰でも見られるので、とにかく情報量を多くしたいと思いがちです。しかし、情報量が多いと閲覧者は困惑してしまい、本当に得たい情報が分からなくなります。例えば商売用のホームページを作ったら商品の宣伝をしたくなりますが、肝心の定休日や営業時間が隅に追いやられてしまうと集客力のアップには繋がりません。作った本人ではなく、閲覧者の視点でホームページ作成を進めていくことが重要です。

不快なホームページはNG

自己主張が強く、荒い言葉が並んだホームページは見ていて不愉快ですし、二度と見たいとは思えません。ホームページは作った本人の自由ではありますが、インターネットという公共のスペースに公開する以上は節度を保たなければいけません。また、色が濃くてチカチカする配色は目が疲れますし、BGMの流れる設定も好ましくありません。BGMがいきなり流れると閲覧者は驚きますし、ページを開く時に少し重たくなるので不快です。

常に最新の情報を提供

ホームページは文字に加え写真などをアップして、常に最新の状態を維持したいです。ホームページの更新は面倒な部分もありますが、情報を更新しないと生き生きとしたページにはなりません。せっかく閲覧者がいても、その最終更新日が5年前であったら、目の前の情報が正しいのか間違っているのか分からなくなります。そして、よく分からないのでそのままスルーされてしまいます。できれば頻繁に更新し、元気に活動しているという印象を与えたいです。

ホームページ制作するにあたって、最近ではWordPRESSでの制作がオススメです。企業のホームページから個人のブログまでよく使われています。