【対策】ネット上で誹謗中傷されるのを防ぐ為に覚えておきたい3つの基礎知識

誹謗中傷の的になりやすい人の特徴

ここ十数年で、ネットワークの発展に伴ってSNSが人々に広く普及、認知されるようになってきています。簡単に大量のメッセージを発信、受信できるこういったツールは便利なものですよね。そんな中、連日のように私たちの耳に入ってくるニュースのひとつが、個人や企業に対する「誹謗中傷」や「炎上」について。そこに明確な根拠があるかどうかはさておき、一体なぜ彼らは非難の的となってしまったのでしょうか?主な理由のひとつに、「とるべき行動をとっていなかった」ことが挙げられます。誹謗中傷の対象を選んでいる人は、非難できるなら誰でも良いという訳ではありません。その対象の人が、周囲が「ん?」と思うような行動に対する説明責任を果たしていなかったり、自らの非を認めて素直に謝罪していなかったりすると、誹謗中傷の格好の的になってしまうのです。

もし、自分が誹謗中傷されていると感じたら

万が一、自分が起こしてしまったことで、自分自信に非があると感じたら、まず謝罪するべきです。自分に非があると認めればたいていの人たちは納得して矛を収めてくれます。しかし、予想に反し炎上が拡大して収集がつきそうに無いように見えたら、謝罪後すぐにアカウントを消して、もうそのSNSには関わらないようにしましょう。予後経過を見るくらいなら良いですが、ネガティブな気持ちになると思いますのであまりお勧めしません。ただし、そこでまた何か発言するのは火に油を注ぐ形となり、最悪ですので止めましょう。

炎上しないために、ネット上で気をつけておきたいこと

「でも、自分には関係が無いことだ」と思う方もいるでしょうが、誹謗中傷のようなリスクはSNSなどを利用する際には必ずと言っていいほど付きものなのです。当事者意識を大切に、自分のこととして捉える必要があります。以上の文章を読んで少し不安になった方もいるかも知れませんが、悪い人ばかりではありませんので、真摯に対応していればこうしたネットトラブルに関してはほぼ大丈夫と言って良いでしょう。いい人、理解のある人たちにも見放されてしまうような結果を引き起こす言動をしないこと。これらを頭の片隅に置いていれば誹謗中傷や炎上とは無縁の、快適なインターネットライフを楽しめるでしょう。

2ちゃんねる削除は自分の発言であっても自分では出来ません。削除依頼をしなければいけないのです。しかもルールが多数あるのでルールに沿った削除依頼が必要です。